介護士転職詳細情報

山梨県 介護の取り組み

  • 地域リハビリテーション従事者研修

    ~事業内容~
    地域リハビリテーションの推進を目指し、保健・医療・福祉・介護の関係者及び市町村の職員に対し、医療介護の連携を始め、地域リハビリテーションの体制を推進するための研修を開催。
    ~事業の実施状況~
    ○地域リハビリテーション従事者研修会の開催
     ・年1回開催:116人参加
    ○各圏域地域リハビリテーション広域支援センター事業により研修会や連絡会議を実施。
     ・研修会:年3回実施
     ・内容:医療・介護連携指針の普及や多職種間のネットワークづくり。
         リハビリテーション専門職の資質向上
     ・地域の連絡会:年2回
    ~事業効果~
    ・地域リハビリテーション従事者研修会では、多職種による地域リハビリテーションの理解や顔の見える関係が構築された。
    ・各地域リハビリテーション広域支援センターの研修会を通し、保健医療介護職員の資質の向上に寄与できた。
    ~方向性・課題等~
    県リハビリテーション支援センターと各圏域地域リハビリテーション広域支援センターとの連携をはじめ、情報を共有する中で、市町村支援を進めていく。

    介護士転職詳細を確認

    認知症疾患医療センターの設置運営

    ~事業内容~
    県内のどこにいても、早期に適切な医療・介護サービスを受けられる体制の整備を図るために4圏域で認知症疾患医療センター(認知症地域相談センター)を設置、運営する。
    ※認知症地域相談センターは、認知症疾患医療センターの機能のうち認知症に関する専門相談、研修、地域連携を進めるための協議会を実施。
    ~事業の実施状況~
    ・平成27年10月に峡南圏域、富士東部圏域に対応する認知症地域相談センターを設置した。
    ・認知症地域相談センター開設にあたっては保健福祉事務所とともに、地域相談センターの役割、機能の周知等を実施した。
    ・設置状況
     中北圏域:県立北病院(認知症疾患医療センター)
     峡東圏域:日下部記念病院(認知症疾患医療センター)
     峡南圏域:峡西病院(認知症地域相談センター)
     富士・東部圏域:回生堂病院(認知症地域相談センター)
    ・4センターが一堂に会し、認知症の支援体制について情報交換会を実施した。
    ~事業効果~
    全圏域に認知症疾患医療センター(地域相談センター)を設置し、早期に相談できる体制ができた。
    ~方向性・課題等~
    ・認知症疾患医療センターに移行できるよう継続した働きかけを行う。
    ・センターを中心に、圏域ごとの認知症早期診断・対応の体制整備の強化をさらに図る。
    ・また、センター間の情報交換の機会を設け、センター機能の強化を図る。

介護士・ヘルパーなどの資格を活かせるか不安?

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。
介護の保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう。

◇ヘルパー(介護職員初任者研修課程修了)
◇実務者研修
◇ケアマネジャー
◇介護事務
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格を最大限生かす働きかたを教えてくれるのは、転職を支援している介護求人検索サイトです。

その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を検討して、納得のいくお仕事探しができます。

もし、インターネットを使って求人情報を探すのが苦手という方であれば、電話にてご相談いただくことで、スタッフが ご希望に沿った求人を探すといったサービスも提供しております。
なおご案内した機能、サービスの利用は完全無料となっております。

このように、どなたでも安心してご利用いただけますので、介護業界での転職をお考えであれば、是非介護求人サイトご登録ください。

介護士転職詳細比較

移動介護従事者の勤務先

移動介護従事者(ガイドヘルパー) とは

【仕事の内容】
視覚障がい者、車椅子利用者、知的障がい者などの外出に同行し、支援を行うお仕事

①対象者の安全に留意しながら、外出先での行動を支援する
②障がい者の自立と社会参加の促進を支援する
③社会活動などへの参加に同行し、行動を支援する など

【勤務場所】
市区町村による指定事業所

【必要な資格】
移動介護従事者(市区町村認定資格)
※1 全身性障がい者、視覚障がい者の外出同行は、ホームヘルパー資格では対応不可のため、プラスαの資格として取得する方が多いです。
※2 ガイドヘルパーのニーズは増えているが、役所の福祉課などからの紹介が多く、求人情報としては本資格単体ではほとんど案件がありません。

介護士転職詳細

未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ