介護士転職詳細情報

山形県 介護の取り組み

  • 介護保険制度の現状、今後の見込み

    要介護認定者の推移

    介護保険制度は、介護を社会全体で支え、総合的な介護サービスを利用者自身の希望によって受けることができる新しい公的社会保険制度として平成12年4月にスタートし、以来、要介護認定者や介護サービスの利用者数は大幅に増加しています。
    要介護認定者の今後の見込みについては、平成26年9月末現在と比較して、平成37年度では約1万4千人増加し、8万人程度となることが見込まれます。
    65歳以上の要介護認定者数は、平成 25 年度末現在で約6万3千人ですが、今後増加が続き平成37年度には7万8千人程度となることが見込まれます。また、65 歳以上の高齢者の要介護認定率も上昇が見込まれ、平成 37 年度には 22.1%まで上昇することが見込まれます。
    また、要介護度別の居宅サービスの利用者と施設サービスの利用者については、要介護度が高くなるにつれて、施設サービスの利用者数の割合が高くなっています。

    介護士転職詳細を確認

    地域包括ケアを提供する人材の確保及び資質向上

    介護職員

    介護職員とは、主に以下の労務に就く者を指しています。
    ○訪問介護員
    介護保険法の指定事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事等の生活援助や入浴等の身体介護を行う者
    ○その他の介護職員
    介護保険法の訪問介護以外の指定事業所で働き、直接介護を行う者
    《現状》
    ○国の「介護サービス施設・事業所調査」によると、入所系、訪問系、通所系を合わせて2万人弱の介護職員が県内の介護施設・事業所に勤務していると推計されています。
    ○介護職員の処遇を改善するために、平成 21 年 10 月から介護職員処遇改善交付金が交付されました。
    その後、この交付金に代わって、効果を継続させるための介護職員処遇改善加算が、平成24年度介護報酬改定において創設されました。
    《課題》
    ○介護労働に関しては、他の産業より離職率が高いことや給与水準が低いこと等が課題として指摘されています。
    ○後期高齢者や単身、夫婦のみの高齢者世帯が増加することによる介護サービスの量的拡大により、必要な人材が不足することが想定されます。
    ○医療的ケアや認知症対応など質の高い介護サービスの需要が拡大していくことが予想されます。
    ○県内の介護職員等の離職率は 13.2%(全国 17.0%)で、平成24年度山形県介護労働実態調査によると、事業所の約4割で人手不足を感じています。
    《施策の推進方向》
    ○平成26年3月に策定した「山形県介護職員サポートプログラム」に掲げる
    ①理解促進
    ②育成確保
    ③定着・離職防止
    ④介護技術・知識向上
    ⑤雇用環境の改善
    の5つの施策の柱に沿って、関係機関・団体の連携・協働による総合的かつ一体的な介護職員支援策を展開します。
    ○将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
    ○県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材の確保を図ります。
    ○県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
    ○県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けのセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
    ○県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。

この転職で何を重視しますか?

転職活動を進めるにあたり、次の職場のことを考えていきましょう。
あなたが望むこと、譲れない条件などをピックアップしておきましょう。

・年収アップを実現したい
・時給や給料が高いところを探したい
・処遇面で資格や経験も考慮してもらいたい
・自宅から近く通勤時間が短い職場がいい
・土日休みで家族との時間を大切にできる職場がいい
・家庭の事情でお休みも取れる職場がいい
・夜勤のない職種で働きたい
・残業がなく定時で帰れる施設に転職したい
・人間関係の良好な職場で働きたい
・職場の雰囲気がいいところに転職したい
・子育てや介護と両立できる転職がしたい
・経験を活かして責任ある仕事がしたい
・研修制度のしっかりした施設でスキルアップしたい
・働きながら資格を取得したい

現在介護のお仕事をしている方たちの「今の職場を選んだ理由」を前出の調査の結果からご紹介します。

最も多かったのは「やりたい職種・仕事内容」(39.7%)で、「能力や仕事が活かせる」(34.2%)という回答も多く自分がしたい仕事やできる仕事のイメージ、つまり「やりがい」を考えて、現在の職場を選択していることが分かります。

二番目に多かったのは「通勤が便利」(38.1%)で、この回答は特に、女性に多く見られました。
女性の場合は「労働時間、休日、勤務体制が希望に沿う」を選んだ割合も多く、職場を選ぶ上で、働きやすく続けやすいかどうかを重視する傾向がみられます。

介護士やヘルパーと一言で言ってしまうと、同じ仕事に見えるかもしれませんが、実際には、「老人ホーム」なのか、「訪問介護」なのか「デイサービス」なのかで仕事内容は大きく異なります。また、事業者(法人)の考え方によっても変わります。

仕事内容は、やりがいに直接関わってくる部分ですから、しっかり見極めたい点ですね。


介護士転職詳細比較

管理栄養士・栄養士の仕事内容

管理栄養士・栄養士 とは
【仕事の内容】
利用(入居)者の食事に関する全てのコーディネートを行うお仕事①利用(入居)者の食事管理、栄養指導を行う (病気の治療、健康回復ではなく、維持管理が主)
②個別の体調や、食べる力(能力・量)を確認し、各自に合った献立や調理法の決定
③スタッフへの指導(水分摂取、栄養管理など)
④給食業者、調理者の業務管理(含助言) など【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など【必要な資格】
管理栄養士(国家資格)・栄養士(厚労省認定資格)
介護士転職詳細

こんな時は無料サポートがオススメ

  • 未経験だけど介護の仕事を始めたい
  • 初心者だけど希望どおりの転職がしたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 少しでも給与アップを狙いたい
  • 休日や定時後にしっかりプライベートな時間を確保したい
  • 今の職場を円満退職できるかどうか心配

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ