介護士転職詳細情報

鳥取県 介護の取り組み

  • 鳥取県の福祉人材を巡る現状【専門職の配置状況等】

    平成24(2012)年介護サービス施設・事業所調査によると、県内の介護事業所で働く職員は16,778人で、このうち介護職員は10,097人です。

    また、介護職員のうち4,960人が介護福祉士の資格を保有し、その割合は49.1%です。全国平均の37.6%より11.5ポイント高く、総じて専門性の高いケアが行われていると考えることができます。

    介護士転職詳細を確認

    鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員の確保に関する数値目標】

    要介護認定者数は平成24(2012)年から平成37(2025)年に1.21倍になると見込まれます。

    現在と同程度の配置のもとに介護を行うとすれば、介護事業所に勤務する職員がさらに約3,500名必要で、内訳としては、介護職員2,096名、看護職員379名、「理学療法士、作業療法士、言語聴覚士」計85名の純増を要します。

    介護職員に関し、過去の実績を踏まえ離職率を年間15.0%、同じ介護現場への転職率35.0%を目標値として設定すると、平成37(2025)年に向け毎年150人程度介護職員が純増する必要があり、離職者を踏まえると、介護現場に毎年約1,200人程度の新規参入が求められます。

    平成20(2008)年から平成24(2012)年の間には、実績でこの水準を達成していますが、今後2025年までに、64歳以下の人口は18.8%(約7万9千人)程度減少する見込みであることから、介護人材の確保は喫緊の課題と言えます。

介護士の転職求人情報が満載!

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!



    以下にあてはまるなら、希望条件での転職をしてみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)

・老健(介護老人保健施設)

・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)

・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)

・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)

・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)

・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)

・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)

・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)

・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)

・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)

・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護士転職詳細比較

ホームヘルパーの募集

ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
(小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。

介護士転職詳細

パート求人に強い、おすすめサポート

「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ


介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。




今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。


紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。


「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。


ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ