介護士転職詳細情報

栃木県 介護の取り組み

  • 栃木県内の事業所に職員の育成に対するアンケート調査結果

    ○アンケートの結果から、職員の育成について何らかの取組(外部及び内部研修、OJT、キャリアパスや人材育成計画の策定、面談、評価等)を実施している事業所の割合は、部分的なものも加えると全体の約 6 ? 8 割に及んでいる。
    ○育成に対する満足度についても、約 6 割程度の事業所が「順調」と回答しており、結果から、事業所全体で見れば、人材育成の状況は決して満足すべき水準とは言えないものの、処遇改善加算取得のための取組も相まって、改善の途上にあると考えられる。
    ○回答結果を事業所の属性で分析すると、職員数が少ない事業所ほど、人材育成に対する取組や体制の整備が遅れている。特に全体の約 3 割に相当する、職員数が 50 人未満の小規模事業所において、その傾向が顕著である。
    ○人材採用に関する考え方は、職員数 50 人以上の中?大規模事業所では「新卒と中途両方から採用する」という回答が 1 位で全体の約 6 割に上り、小規模事業所では「特に方針を定めていない」と「中途採用中心」の 2 つで全体の 6 割以上を占める。
    ○小規模居宅サービス事業所は、介護知識・技術の習得度に個人差が顕著な中途採用の職員が多い傾向にある。
    ○「育成の取組を実施していない理由」については、取組の種類に関わらず「時間がない」との回答がトップに挙げられ、小規模事業所ほど人材不足が原因となって人材の確保や育成に時間を割く余裕がないと考えられる。

    介護士転職詳細を確認

    栃木県の介護事業所規模による分析

    ①規模別
    職員数 300 人以上を大規模、50人以上 300 人未満を中規模、50人未満を小規模とした場合の構成比率は、おおよそ大規模2割、中規模5割、小規模3割となる。
    ②規模別×法人種別
    規模別×法人種別の構成比率を見ると、大規模事業所は民間企業と社会福祉法人が 4 割ずつ、中規模事業所では社会福祉法人が 6 割以上、小規模事業所では民間企業が6割以上となる。
    ③サービス種別
    サービス種別によって事業所を施設系と居宅系に分類した場合、「施設系+居宅系」の事業所が6割、「居宅系のみ」が4割となる。
    ④規模別×サービス種別
    規模別にサービス種別の構成比率を見ると、中?大規模事業所では「施設系+居宅系」が 7割以上を占めるのに対し、小規模事業所では「居宅系のみ」が7割となる。
    ⑤規模別×人材育成の取組
    取組の種類に関わらず、規模が小さくなるほど未整備・未実施の割合が増えており、育成の取組と事業所規模の間に明確な相関が見られる。
    特に 50 人未満の小規模事業所において、「キャリアパス」は 3 割が整備されておらず、「人材育成計画」、「面談」、「目標達成状況等の評価」等の施策を定期的に実施している割合がかなり低くなっている。

介護士の転職求人情報が満載!

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!



    以下にあてはまるなら、希望条件での転職をしてみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)

・老健(介護老人保健施設)

・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)

・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)

・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)

・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)

・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)

・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)

・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)

・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)

・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)

・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護士転職詳細比較

老人保健施設における介護士求人について

日本は超高齢化社会をむかえており、各都道府県には多くの施設があります。

その中でも代表的な施設が老人保健施設です。介護保険の中核を担う施設であり、各都道府県における高齢者介護に対して大きく貢献をしています。

医療と介護の中間施設ともいわれており、医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が配置されているのが特徴になります。

もちろん、介護士も必要であり多くの介護士求人があります。

仕事の内容としては利用者の日常生活における介護やレクリエーションの提供などが主な内容になります。

日常生活の介護では食事や排泄、入浴などにおいて利用者が出来ないことを介助します。

その際には出来るだけ本人にがんばってもらうことを意識して行うことが重要です。

利用者本人ががんばることが生活リハビリテーションにつながり、身体機能のレベルアップや生活動作能力の向上につながるからです。

生活リハビリテーションで元気になることで自宅に帰れる人もおり、介護士の仕事をしていてやりがいを感じることができる瞬間です。

現在は介護士が不足していることもあり介護士求人は多くあるため興味がある人は利用してみましょう。

介護士転職詳細

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。



介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ