介護士転職詳細情報

栃木県 介護の取り組み

  • 栃木県内の事業所に職員の育成に対するアンケート調査結果

    ○アンケートの結果から、職員の育成について何らかの取組(外部及び内部研修、OJT、キャリアパスや人材育成計画の策定、面談、評価等)を実施している事業所の割合は、部分的なものも加えると全体の約 6 ? 8 割に及んでいる。
    ○育成に対する満足度についても、約 6 割程度の事業所が「順調」と回答しており、結果から、事業所全体で見れば、人材育成の状況は決して満足すべき水準とは言えないものの、処遇改善加算取得のための取組も相まって、改善の途上にあると考えられる。
    ○回答結果を事業所の属性で分析すると、職員数が少ない事業所ほど、人材育成に対する取組や体制の整備が遅れている。特に全体の約 3 割に相当する、職員数が 50 人未満の小規模事業所において、その傾向が顕著である。
    ○人材採用に関する考え方は、職員数 50 人以上の中?大規模事業所では「新卒と中途両方から採用する」という回答が 1 位で全体の約 6 割に上り、小規模事業所では「特に方針を定めていない」と「中途採用中心」の 2 つで全体の 6 割以上を占める。
    ○小規模居宅サービス事業所は、介護知識・技術の習得度に個人差が顕著な中途採用の職員が多い傾向にある。
    ○「育成の取組を実施していない理由」については、取組の種類に関わらず「時間がない」との回答がトップに挙げられ、小規模事業所ほど人材不足が原因となって人材の確保や育成に時間を割く余裕がないと考えられる。

    介護士転職詳細を確認

    介護士採用に関する状況

    ①採用の基本方針
    事業所規模が小さくなるほど「中途採用中心」の比率が高くなる。
    20人未満の小規模事業所の6割が明確な採用方針を持っていない。
    ②規模別×平成 26 年度採用実績
    採用方針よりも「中途採用のみ」の比率が高い。新卒採用事情の逼迫が、新卒採用に積極的に取り組んでいるはずの中?大規模事業所においても、結果的に中途採用に頼らざるを得ないと考えられる。

介護士の転職求人情報が満載!

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!



    以下にあてはまるなら、希望条件での転職をしてみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)

・老健(介護老人保健施設)

・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)

・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)

・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)

・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)

・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)

・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)

・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)

・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)

・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)

・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護士転職詳細比較

活躍の場がどんどん広がっている業種です。

高齢化が加速している現在の日本では、老人ホームやディケア、一部のグループホーム等の、介護を必要とする人達は多く、常に介護に携わる人は不足しています。

その中でも介護士は、正式名称を介護福祉士と言い、介護との現場において、介護をする人と、介護される人にとって重要な存在です。

介護福祉士は各地の市町村に存在する、有料の施設や公営の施設において、介護する人を指導するのが主な仕事となります。介護の現場で統括的な仕事をする者となります。

現在介護士求人は大変高く、求人情報は沢山あります。特に、市町村の福祉を扱う部門に籍を置き、在宅で介護支援を求めている方のお宅へ訪問し、どんな介護を必要としているかなどの聞き取りをしたり、聞き取りした内容を検討した上で、実際に介護にあたる人達に伝えたり、指導を行ったりします。

介護士求人や求人情報は市町村だけではなく、民間の介護施設でも多くあり、活躍の場がどんどん広がっている業種です。

介護士転職詳細

無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ