介護士転職詳細情報

埼玉県 介護の取り組み

  • 介護人材確保促進事業について

    趣旨

    埼玉県は、介護職員初任者研修を修了した者の早期就職を支援して介護人材の確保を促進するため、介護職員初任者研修修了後、県内の介護施設等に就職して継続勤務した者に対し、毎年度の予算の範囲内において補助金を交付します。

    補助対象事業

    介護職員初任者研修修了後、3か月以内に県内の介護施設等に就職し、6か月以上継続勤務した者に、研修費用(受講料)の2分の1に相当する額(上限3万円)を補助する。
    ○補助対象事業:介護職員初任者研修の受講
    ○補助対象経費:受講料
    ○補助率:2分の1
    ○限度額:3万円
    ※介護職員初任者研修の受講地は、埼玉県以外の都道府県であって差し支えありません。

    補助対象者

    県内の介護施設等に就職した介護職員(週30時間以上勤務する者に限る。)
    ※埼玉県以外の都道府県にお住まいの方も対象となります。

    手続の流れ

    (1)申請者
    ア 介護職員初任者研修を修了
    イ 研修修了後、3か月以内に県内の介護施設等に就職
    ウ 6か月以上継続勤務
    エ 交付申請書及び実績報告書を提出
    (2)埼玉県
    オ 交付決定及び交付額の確定
    カ 補助金の交付(支払)

    補助金交付(補助対象者)の要件

    (1)介護職員初任者研修を修了すること。
    (2)研修修了後、3か月以内に県内の介護施設等に就職すること。
    (3)6か月以上継続勤務すること。

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。

介護士転職詳細比較

機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員 とは

【仕事の内容】
生活機能向上プログラムの指導のお仕事

①日常生活で必要な身体機能の維持改善のための個別訓練計画の作成
②機能訓練の実施
③介護職員への指導(日常動作におけるリハ的行動)
④モニタリング など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
看護師(国家資格)・准看護師(知事資格)・作業療法士(国家資格)・理学療法士(国家資格)・ 言語聴覚士(国家資格)・ 柔道整復師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
※類似資格の中で鍼灸師は要項を満たしません

介護士転職詳細

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ