介護士転職詳細情報

大阪府 介護の取り組み

  • 大阪府居宅サービスの基盤の充実

    ◆介護支援専門員の育成や支援に市町村が積極的に関わることができるよう、平成30年4月から居宅介護支援事業所の指定指導権限が市町村に移譲されることから、移譲が円滑に行われ、地域の実情に応じたきめ細かい指導につながるよう支援・調整を行います。

    現状と課題
    ○地域包括ケアシステムの構築とともに、地域でケアマネジメントの役割を担っている介護支援専門員の育成や支援などに市町村が積極的に関わっていくことができるよう、現在、都道府県が有している居宅介護支援事業所(ケアマネ事業所)の指定指導権限が平成30年4月から市町村に法定移譲されます。

    ○大阪府内で指定を受けている居宅介護支援事業所の数は、介護保険制度創設時の1,308事業所であったのが、平成26年4月1日時点で3,685事業所(指定都市・中核市を含む)と大きく増加しています。

    ○大阪府においては、指定都市・中核市以外の市町村にも大阪版地方分権により権限移譲しており、現在、大阪府が指定権限を有しているのは9市町の事業所となっています。

    施策の方向
    居宅介護支援事業所指定権限の移行に向けた準備
    ○現在、大阪版地方分権による指定権限の移譲を行っていない9市町について、平成30年4月の法定移譲によって居宅介護支援事業所の指定指導事務を初めて行うこととなることから、円滑に事務が執行されるように、必要な支援・調整を行います。
    また、大阪版地方分権により既に指定権限が移譲されている市町村においても、法定移譲を踏まえ、府として引き続き必要な支援・調整を行います。

    介護士転職詳細を確認

    大阪府介護施設基盤の充実

    ◆介護保険施設や老人福祉施設は、高齢者が身体的な状態や家庭環境等により居宅で暮らすことが困難になった場合のセーフティネットとして重要な役割を担っています。

    ◆今後とも、計画的な施設整備を推進するとともに、施設入所の必要性が高い方の優先的な入所を進め、入所者個人の尊厳に配慮したケアの推進に取り組みます。

    現状と課題
    ○特別養護老人ホームの入所申込者数は、退所者数を上回る状態が続いており、在宅での生活が困難な中重度の要介護者を支える施設としての機能の重点化が求められています。

    ○特別養護老人ホーム、介護老人保健施設については、施設での生活を居宅での生活に近いものとしていくため、集団処遇的なケアから、一人ひとりの心身の状態に応じた個別性の高いケアを行うことが必要です。

    ○昭和56年以前の旧耐震基準で建設された介護保険施設及び老人福祉施設については、建物の老朽化が進んでいます。

    ○養護老人ホーム・軽費老人ホームについては、入所期間の長期化に伴い、介護を必要とする入所者が増加するとともに、今後、増加が見込まれる生活困窮者や社会的に孤立する高齢者など多様な生活課題を抱える高齢者の受け皿としての役割も求められています。

    ○施設が有する専門的な機能を活かし、地域における多様な生活課題を抱える高齢者に対する支援が求められています。

    施策の方向
    ○特別養護老人ホームについては、在宅での生活が困難な重度の要介護者に重点を置くこととし、市町村が高齢者のニーズ、給付と負担のバランス等を踏まえて見込んだサービス必要量に基づき、地域バランスにも配慮しながら計画的な整備を推進します。

    ○特別養護老人ホーム、介護老人保健施設について、新規建設や老朽施設の建替え、改修においては、入居者ができる限り在宅に近い居住環境のもとで安心して生活できるように、個室・ユニット型施設の整備を推進します。

    ○既設の老朽化した施設について、入居者の生活に及ぼす影響を考慮し、計画的に必要な建替えを推進します。特に昭和56年以前の旧耐震基準に基づき建設されたものについては、優先して建替えを推進します。

    ○養護老人ホームや軽費老人ホームについては、現在の供給実績や地域ニーズ、周辺地域にあるサービス付き高齢者向け住宅などの整備及び利用状況を勘案し、市町村が見込んだ整備目標を踏まえた整備や建替えを推進します。
    また、入所者の介護ニーズに対応するため、施設が特定施設入居者生活介護の指定を受けることについて支援します。

    ○施設が地域包括支援センター等と連携して行う、地域における多様な生活課題を抱える高齢者支援活動を支援します。

介護士の資格を持った人の需要が高まってます。

誰でも自分の住んでいる地域で仕事を見つけたいと思いますよね。

今回はあなたのお住いの近くの介護士求人情報をどのように得て、自分の生活範囲内で快適にお仕事探しができる情報を提供したいと思います。

お住いの近くの求人情報を最も探しやすいのはハローワークです。

地域に密着した求人を紹介してくれるのが特徴のハローワーク。

あなたの自宅の近くに必ずは一つはあるので、介護士求人を探すならハローワークが一番身近で便利といえるでしょう。

次に、介護士専門の求人サイトです。

約70000件の介護士求人の中から、理想の職場探しが出来て今なら即採用のチャンスもあります。

職種や希望で検索が可能で、

「正社員・契約社員」
「主婦・主夫歓迎」
「アルバイト・パート」
「人気の駅・エリア検索」
「シニア、学生応援」

の求人情報が掲載されていて、勤務地だけでなく法人でも選択することができるので、自分の希望により合った職場を見つけられます。

介護士転職詳細比較

サービス提供責任者の勤務先

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護士転職詳細

未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ