介護士転職詳細情報

長崎県 介護の取り組み

  • 長崎県福祉・介護人材育成確保対策等事業

    福祉人材、中でも介護職員の人材不足が叫ばれて久しい。
    その要因として、介護ニーズの増大と少子化があげられる。
    その対策として多様な取り組みがなされている。インドネシアなど外国人の介護福祉士、看護師も日本で資格を取得して、就労しているが、実効ある解決策には至っていない。
    国は、様々な福祉・人材確保対策を実施し、介護職員の確保に努めているが、介護人材の不足は一向に解消しない。国は同時に、潜在的有資格者の掘り起こし事業も展開し、資格を有しながらも活用していない人を福祉現場に呼び込む取り組みも行っている。
    介護福祉士有資格者の登録者数は、984,931人(平成23年11月30日現在)に達した。
    しかし、介護福祉士の資格を活かして、介護や生活相談員、介護支援専門員、サービス提供責任者等として福祉施設に就労している介護福祉士は、約40万人と言われている。
    一方、介護職員として就労している人数は約140万人である。
    ホームヘルパーや資格を有しない介護職員も多く、人材不足とともに質の高い介護職員の養成が求められている。
    有能な有資格者を再度福祉現場へ呼び込むねらいがある一方で、有能な介護職員の養成が急務となっている。
    本学介護福祉専攻では、以上のような国の方針に沿って長崎県福祉・介護人材育成確保対策等事業として平成21年度~平成23年度に以下の研修を実施した。
    (平成21年度分については、既報告済であり、概略を再掲する。
    今回は平成22年度、平成23年度分を報告)

    潜在的有資格者等養成支援事業

    目的

    本事業は、資格を有しながら福祉・介護サービスに就業していない介護福祉士等の潜在的有資格者に対する再就労のための研修や、高齢者、主婦層等の知識・能力を活かして福祉・介護分野への参画を目的とする。

    事業内容

    1)潜在的有資格者再就労支援事業
    2)高齢者等参画支援研修団塊世代や主婦層の知識・能力を活かして、福祉・介護分野への参画を進めるための研修を実施する。
    3)福祉・介護サービスチャレンジ教室
    4)障害者就労支援研修
    5)キャリアアップ支援研修
    6)その他人材確保に資する研修として長崎県が認めた研修

    キャリアアップ支援研修

    福祉・介護人材の確保が喫緊の課題となっている。
    今後ますます増大する福祉・介護ニーズに対応し、質の高いサービスを確保する観点から、福祉・介護分野の育成に取り組んでいる。
    その一環として、本研修では、職員のキャリアアップや資質の向上並びに福祉・介護人材の安定的確保を図ることを目的として開催する。

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。

介護士転職詳細比較

介護職のお仕事内容

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

介護職・ホームヘルパー(介護士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者)

介護職・ホームヘルパーの仕事内容は、お年寄りや身体が不自由な方の身のまわりのお手伝いや、日常生活のサポートがメインとなります。具体的には、掃除、洗濯、食事、入浴、排泄、移動など、生活全般の援助をしています。

活躍の場は、在宅介護されている方の自宅、老人ホーム、ケアハウス、デイサービス施設などさまざまです。

直接身体に触れる介護(身体介護)をする際には、ホームヘルパー2級以上、もしくは介護職員初任者研修 修了以上の資格が必要となります。

老人ホームやデイサービスなどでは、無資格でも働ける場合があります。無資格で可能な仕事をしてもらいながら、介護職の資格を取得してもらい、取得次第、仕事の範囲を広げるというやり方をしている施設であれば、無資格での就職・転職も十分可能です。

学歴や過去の職歴よりも、仕事に対する知識と技術、前向きな姿勢、意欲、責任感、人間性などが重要視され、ご自身の心身の健康体調管理、体力維持も必要となる職業です。

※「ホームヘルパー2級」は2013年3月末でなくなり、代わりに新たに「介護職員初任者研修」という制度が導入されました。

介護士転職詳細

未経験でもハードルが低い職場は?

未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ