介護士転職詳細情報

宮崎県 介護の取り組み

  • 宮崎県の具体的な介護取組内容(参入促進)

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○進路指導担当教職員を対象とした講習会や、中・高生等を対象とした出張講座、介護事業所等の見学会を開催し、「福祉・介護の仕事」の理解を促進【基金】
    ○UIJターン就職希望者等を介護事業所・施設でのOJT等による訓練を実施し就職を目指す

    ⇒●①進路指導担当の教職員向け講習会:12回
    ②「福祉のお仕事」出張講座:12回
    ③福祉の職場見学会参加者:50人
    ●UIJターン等就職支援対象者:10人

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○出産や育児を機に離職した女性や勤務経験の少ない方、定年した中高年層等を対象に、介護技術の基礎講習会を開催

    ⇒●女性・中高年層対象介護技術講習参加者:140人

    その他の「参入促進」の取組

    ○求職者等を対象に、就職面接会や仕事説明会を開催するとともに、無料職業紹介の土曜日開所を実施【基金】

    ⇒●①福祉の仕事就職面接会参加者:300人
    ②福祉の仕事説明会参加者:60人
    ③無料職業紹介事業(土曜日)来所者:100人

    介護士転職詳細を確認

    宮崎県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○介護職員等を対象に、自らキャリアパスを描き、その段階に応じて求められる能力を習得させるための研修を実施【基金】
    ○医師の指示の下に、適切にたんの吸引等が実施できる介護職員等を養成【基金】
    ○認知症高齢者の介護実務者及び指導的立場にある者に対し、介護技術の向上と適切なサービスの充実を図るための研修を実施【基金】
    ○高齢者が日頃より受診する診療所等のかかりつけ医や一般病院の看護師等医療従事者に対し、適切な認知症診療やケア等に関する研修を実施【基金】
    ○認知症サポート医研修受講費用の助成等により、市町村に設置する認知症初期集中支援チームの立ち上げ支援を実施【基金】
    ○市町村に設置される認知症初期集中支援チーム員及び認知症地域支援推進員に対する研修支援を実施【基金】
    ○地域包括支援センターにおいて、適切な介護予防マネジメント及び介護予防支援が実施できるよう研修を実施【基金】

    ⇒●①キャリアパス初任者コース受講者:250人
    ②キャリアパス中堅職員コース受講者:250人
    ●①指導者伝達講習の受講者:90人
    ②介護職員等の喀痰吸引等研修の受講者:160人
    ●①認知症対応型事業者向け研修
    ②小規模多機能型サービス向け研修
    ③認知症介護指導者フォローアップ研修
    ●①かかりつけ医認知症対応力向上研修:70 人
    ②病院勤務の医療従事者向け研修:200人
    ●認知症サポート医養成:毎年10人程度
    ●県内市町村における認知症の施策の推進
    ●県内地域包括支援センタ-69カ所における適正な介護予防の実施

    その他の「資質の向上」の取組

    ○認定介護支援専門員が県内の居宅介護支援事業所を訪問の上、個別に相談及び助言に応じ、その活動によって得られたケアプランの適正な作成事例等をHPに掲載【基金】
    ○地域包括支援ネットワークの構築やケアマネジメント機能の総合的な強化等を支援するとともに、高齢者虐待の防止、成年後見制度の活用などの権利擁護について支援を実施 【基金】

    ⇒●訪問対象:216事業所
    ●権利擁護に係る地域包括ケアシステムの機能強化
    ○市町村に設置する生活支援コーディネーターについて、養成・活動支援及び担い手となる主要団体に対する普及啓発等を行うことにより、多様な主体による生活支援・介護予防サービス体制の立ち上げ支援を実施【基金】
    ○市町村が主体となって地域づくりを踏まえた住民主体の通いの場の創設やリハ職の活用などを通し、介護予防事業の効果的な展開を総合的に支援する【基金】
    ⇒●生活支援コーディネーターの養成:150人(3年間)
    ●介護予防事業の推進

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

一度コチラを覗いて見る事をおすすめします。

介護士転職詳細比較

介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

介護士転職詳細

未経験でも雇用をしてもらえるのか?

人の役に立ちたい仕事に就きたいと考えている方は、介護士の仕事を候補にする方も多いと思います。

介護の仕事は、ニュースや新聞などでも連日のように報道されていることからお分かりのように、人手が足りないところが多く介護士の求人も沢山あります。

介護の仕事と言っても、実は幅が非常に広く勤務場所などもさまざまです。

例えば、老人介護施設といって、高齢者の方を24時間お世話しているところであったり、介護を必要とされる自宅に出向いて、家事などのお手伝いをする訪問介護の仕事、昼間だけ高齢者の方をお預かりして、入浴などのサービスを行うデイサービスなどです。

未経験でも雇用をしてもらえるのか、資格がなくても働けるのか、求人情報を掲載しています。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ