介護士転職詳細情報

三重県 介護の取り組み

  • 三重県介護の具体的な取組内容(参入促進 )

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護や介護の仕事に関する魅力発信や理解促進のための講演会、イベント等の開催【基金】

    ⇒○若者から中高齢者等、様々な層への理解促進、イメージアップによる参入促進

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○学生やその保護者、教職員を対象に、介護の魅力や資格情報等を発信するセミナー等を実施
    ○介護福祉士養成施設の教員が小学生やその保護者を対象に、介護体験や知識を学ぶ機会を提供【基金】

    ⇒○将来の介護の担い手である学生と保護者の理解促進

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○地域の元気なシニア世代を対象に、介護に関する基礎的な研修や職場体験を実施 【基金】

    ⇒○シニア世代の参入促進

    その他の「参入促進」の取組

    ○若者やシニア世代、他業界からの参入希望者への介護職員初任者研修の受講支援【基金】

    ⇒○介護未経験者の参入促進

    介護士転職詳細を確認

    介護支援専門員の資質向上等

    現状と課題

    ○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
    三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

    ○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
    2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

    ○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
    今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

    ○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
    しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

    ○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

    県の取組

    ○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

    ○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

    ○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

    ○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

子供中心の生活を守りたい!

・残業はできません
・土日は休みにしたいです
・急な休みも認めてほしいです
・その他、臨機応変に働きたいです


小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。


ハローワークに出向いたり、求人情報誌の情報を探すなど、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護職派遣求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


介護士転職詳細比較

ホームヘルパー急募情報

求人情報を見てみると福祉業界は他の職種よりも求人数が多いです。

また求人情報には、数多くのホームヘルパーの求人が載っています。

それだけ需要があり、ホームヘルパーの資格があると就職や転職に有利になります。

また高齢化が進む中で、地域ごとに質の高い介護を提供出来るような社会を目指しています。

どの地域でも老人福祉を支えるうえで、ホームヘルパーは重要な役割を果たしています。

実際にお年寄りの家庭に出向き、買い物サービスや食事介助、排せつ、入浴をサポートします。

また老人福祉施設における食事介助、排せつ、入浴サポートなどさまざまな分野で活躍しています。

やはり、お年寄りと話すことが好きな人やお年寄りとコミュニケーションをとるのがうまい人がむいています。

ホームヘルパーの求人を見て、「わたしも働きたい」と思う人はぜひやってみたほうが良いと思います。

いろいろな人から感謝されるとてもやりがいのあるお仕事です。

介護士転職詳細

未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ