介護士転職詳細情報

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護・福祉の魅力発信イベント「福祉の祭典」を開催【基金】
    ○きょうと介護・福祉ジョブネットによる各種事業を実施【基金】
    ・小中学生向け:職場体験事業「次世代担い手育成事業」
    ・高校生向け:出前講座・インターンシップ
    ・大学生向け:北部地域での実習、フィールドワーク等の誘致
    福祉職場の若手職員が、福祉の魅力を発信する事業を企画・実施
    ○大学と連携した学内就職ガイダンス、出前講座、インターンシップ等を実施【基金】

    ⇒●小学生から就学直前の大学生まで、段階に応じて、介護・福祉業界のポジティブイメージを伝えることにより、 介護・福祉の仕事への関心を高める。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○高校教員セミナーとして、施設見学や講演(介護・福祉の仕事の将来性・採用状況・キャリアデザインについて)を実施【基金】
    ※対象:高校の進路指導担当者(就職・進学指導)、福祉系コースの教員、家庭科の教員等
    ○高校生と保護者を対象とした施設見学会を実施【基金】

    ⇒●高校教員や保護者層に福祉の仕事への理解を深めてもらうことにより、若者の福祉職場への就職につなげる。

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○元気な高齢者の社会貢献への意欲や中間就労への労働意欲を活用し、必要なスキルアップ研修等を併せて実施

    ⇒●担い手が不足する分野における労働力の充足
    ●高齢者層の所得改善や生きがいづくりにおける介護予防の効果

    その他の「参入促進」の取組

    ○人材確保・定着が困難な地域(但馬・丹波・淡路)対象の就職フェアを開催【基金】

    ⇒●就職フェア 1回(神戸市)

    介護士転職詳細を確認

    京都府介護の今後の取組

    京都式地域包括ケアの実現、医療・介護・福祉サービスの一体的提供に向けて、推進機構の機能を十分に活用しながら次の事業展開を図ります。

    ■過疎地域における安定的な介護サービスの提供に向けた人材確保や仕組みづくりの取組や、「いきいきサロン」などのニーズに応じた高齢者の集い場づくりといった、地域の実情に応じた施策を積極的に展開する市町村や、専門的見地から事業展開を図る推進機構の構成団体等に対して、自由度の高い地域包括ケア総合交付金制度で支援します。

    ■その際、推進機構の機能を活用して、市町村や推進機構の構成団体が展開する事業について、計画段階から積極的に関与し、重複や効率性などのチェックを行うとともに、評価・分析に加え成功事例の収集と情報発信を行います。

    ■各分野の専門家を推進機構からスーパーバイザーとして困難事例や専門的知識を要するケースに派遣し、現場の伴走型サポートを推進します。

    ■京都府全域で展開する広域的な仕組みづくり(在宅療養あんしん病院登録システムなど)を推進するとともに、その定着と安定的な継続実施を支援します。

介護職の転職・採用状況

高齢化が進み、ますます介護士が必要とされています

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーなど介護の仕事は、高齢者がいるすべての場所で必要になります。

今後、超高齢化が進む中で、介護業界の人材は、地域を問わずニーズのある、将来的にも安定した仕事といえます。

また年齢不問の求人も多いため50歳以上でも働くチャンスがあり、他業種からの転職も年々増えています。

人とふれあい、人を支え、自分自身も人間として成長できるやりがいのある仕事です。

日本のみならず多くの先進国で介護の仕事は需要が高く、介護職に対する求人のニーズはますます増しています。

介護士の売り手市場といわれる今、あなたの理想の高待遇で求人募集をしている介護関連企業がたくさんあります。

今すぐ求人情報を確認してみて下さい!

介護士転職詳細比較

ケアマネージャー求人激増!

高齢化が広がるにつれ、介護の難題が降りかかるところです。

特に、ケアマネージャーの要望は1年ごとに、想像以上に大きくなっています。

しかしながら、要望に供給がとんと追いつかないのが情況です。

これらの難題は、今まで以上に、深刻に、しかも続くと見込まれており、ケアマネージャーの求人には、各市町村も大きな注目を寄せているところです。

逆に言えば、介護のお仕事を探している方にとっては求人情報がたくさんあり大きなチャンスです。

介護士転職詳細

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ