介護士転職詳細情報

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○現任職員を多様な研修に参加させるため、研修受講中の代替要員を確保【基金】
    ○代替要員向けに介護職員初任者研修等の必要な研修の実施【基金】

    ⇒●研修受講中の代替要員を認証事業所に優先派遣、自ら処遇改善を行う事業所へ誘導し、定着を支援。
    (離職率は4%台と府平均15.6%を大きく下回る結果)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○きょうと福祉人材育成認証制度において、OJT指導者やプリセプターの設置、研修の実施を認証の基準とし、事業者への研修等を通じて支援

    ⇒●認証事業者の増加を通じて、福祉業界全体のボトムアップ

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○環境改善等促進事業(人にやさしい介護支援機器プロジェクト事業)の実施【基金】
    ※事業所に「介護職場環境改善アドバイザーチーム」を派遣

    ⇒●多角的・中立的な視点から、職員の負担軽減等、効果的な職場環境の改善

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○宣言事業所への支援として、給与制度や労務管理に関するコンサルティングを実施
    ○各認証事業所の状況に応じた職員向け処遇改善・スキルアップ等につながる事業の実施支援
    ※研修・セミナーの実施、職場環境改善コンサルティング、資格取得支援等

    ⇒●職員の早期離職防止、定着率アップ

    介護士転職詳細を確認

    京都府介護の今後の取組

    京都式地域包括ケアの実現、医療・介護・福祉サービスの一体的提供に向けて、推進機構の機能を十分に活用しながら次の事業展開を図ります。

    ■過疎地域における安定的な介護サービスの提供に向けた人材確保や仕組みづくりの取組や、「いきいきサロン」などのニーズに応じた高齢者の集い場づくりといった、地域の実情に応じた施策を積極的に展開する市町村や、専門的見地から事業展開を図る推進機構の構成団体等に対して、自由度の高い地域包括ケア総合交付金制度で支援します。

    ■その際、推進機構の機能を活用して、市町村や推進機構の構成団体が展開する事業について、計画段階から積極的に関与し、重複や効率性などのチェックを行うとともに、評価・分析に加え成功事例の収集と情報発信を行います。

    ■各分野の専門家を推進機構からスーパーバイザーとして困難事例や専門的知識を要するケースに派遣し、現場の伴走型サポートを推進します。

    ■京都府全域で展開する広域的な仕組みづくり(在宅療養あんしん病院登録システムなど)を推進するとともに、その定着と安定的な継続実施を支援します。

転職支援サービスの賢い利用法

    「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

  • あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!
  • 個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!
  • 好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!
  • 「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!
  • その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!
  • 採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!
  • 仕事をしながら効率的に転職活動ができる!
  • 最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!
  • 完全無料なので安心安全!


  • 転職サービスの賢い利用法のコツは、最低でも2社の転職支援サービスに登録しておくことです。
    条件のいい非公開求人は1社の転職サービスが独占していることもあるからです。

    転職支援サービスを使って、希望どおりの転職を実現しましょう!

介護士転職詳細比較

ケアマネージャー求人のデマンド

少子高齢化が進行するにつれ、巷では介護の課題が話題にされます。

近年、特筆してケアマネージャー求人のデマンドはとても高まっています。

しかしながら、求人情報に供給が非常に追いつかない実況があります。

この課題は、今後継続すると見込まれておりケアマネージャー不足には各市町村も危惧するところです。

逆に言えば、職業を探し出したいと思ってる方は大きなチャンスです。

今後、デマンドが見込まれる介護施設で勤めることは、働く者の充実感にも繋がります。

また、近頃ではケアマネージャー求人を浸透させるため、市町村が率先して求人情報を公開するなど、たくさんの支援を推進しています。

当然、ケアマネージャーになるためには、たくさんの尽力が不可欠ですし容易になれるものではありません。

資格を獲得するためには、実務とたくさんの体験が不可欠です。

もちろん、しっかりと尽力した方には、ケアマネージャーという資格と充実感、そしてたくさんの利点が持たされることは言うまでもありません。

介護士転職詳細

短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ