介護士転職詳細情報

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○現任職員を多様な研修に参加させるため、研修受講中の代替要員を確保【基金】
    ○代替要員向けに介護職員初任者研修等の必要な研修の実施【基金】

    ⇒●研修受講中の代替要員を認証事業所に優先派遣、自ら処遇改善を行う事業所へ誘導し、定着を支援。
    (離職率は4%台と府平均15.6%を大きく下回る結果)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○きょうと福祉人材育成認証制度において、OJT指導者やプリセプターの設置、研修の実施を認証の基準とし、事業者への研修等を通じて支援

    ⇒●認証事業者の増加を通じて、福祉業界全体のボトムアップ

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○環境改善等促進事業(人にやさしい介護支援機器プロジェクト事業)の実施【基金】
    ※事業所に「介護職場環境改善アドバイザーチーム」を派遣

    ⇒●多角的・中立的な視点から、職員の負担軽減等、効果的な職場環境の改善

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○宣言事業所への支援として、給与制度や労務管理に関するコンサルティングを実施
    ○各認証事業所の状況に応じた職員向け処遇改善・スキルアップ等につながる事業の実施支援
    ※研修・セミナーの実施、職場環境改善コンサルティング、資格取得支援等

    ⇒●職員の早期離職防止、定着率アップ

    介護士転職詳細を確認

    京都府介護の今後の取組

    京都式地域包括ケアの実現、医療・介護・福祉サービスの一体的提供に向けて、推進機構の機能を十分に活用しながら次の事業展開を図ります。

    ■過疎地域における安定的な介護サービスの提供に向けた人材確保や仕組みづくりの取組や、「いきいきサロン」などのニーズに応じた高齢者の集い場づくりといった、地域の実情に応じた施策を積極的に展開する市町村や、専門的見地から事業展開を図る推進機構の構成団体等に対して、自由度の高い地域包括ケア総合交付金制度で支援します。

    ■その際、推進機構の機能を活用して、市町村や推進機構の構成団体が展開する事業について、計画段階から積極的に関与し、重複や効率性などのチェックを行うとともに、評価・分析に加え成功事例の収集と情報発信を行います。

    ■各分野の専門家を推進機構からスーパーバイザーとして困難事例や専門的知識を要するケースに派遣し、現場の伴走型サポートを推進します。

    ■京都府全域で展開する広域的な仕組みづくり(在宅療養あんしん病院登録システムなど)を推進するとともに、その定着と安定的な継続実施を支援します。

介護施設の種類や保有資格をチェック

介護のお仕事は、施設の種類や保有資格ごとに内容は異なります。

介護の現場には色々な職種がありますが「名前は知っているけど、実のところ何をしているのか分からない。」と思ったことはありませんか?

勤務中は自分の業務に一生懸命で、なかなか他の人の仕事には目を向けにくいもの。とはいえ、協働するうえでは互いの仕事を知ることはとても大切ですし、もう1度、職種別の主業務について見直しをしてみましょう。

もちろんあなた自身のキャリアビジョンを考えるときにも、転職活動にも見逃せないポイントです!

介護施設への転職を検討されているのであれば、それぞれの特徴を理解した上で、ご希望の施設や職種に転職しましょう。

介護士転職詳細比較

ホームヘルパー・介護職員初任者研修

お住いの近くには必ず介護が必要な高齢者がいます。

そのため、どの都道府県においても見つけることが出来るのがホームヘルパー求人になります。

特に現在は介護士の不足が問題となっているため、ホームヘルパー求人は求人情報誌やハローワークなどにはたくさんあります。

介護を広く行っている施設には多くの場合、訪問介護サービスがあるため、それらの施設からの募集が多いです。

日本では核家族化が進んでおり、高齢者の一人暮らしや高齢な夫婦だけで生活している家庭は非常に多いです。

そのため、ホームヘルパーへの需要は大きく、家事の援助や身体介護などのサービスを提供することで自宅での高齢者の生活を維持していくことが出来るようになります。

以前はホームヘルパーという資格がありましたが、現在は介護職員初任者研修という資格にかわっています。

これからホームヘルパーの仕事をはじめたいと考えている人はこの介護職員初任者研修を修了することで仕事が出来るようになります。

介護士転職詳細

介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ