介護士転職詳細情報

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○現任職員を多様な研修に参加させるため、研修受講中の代替要員を確保【基金】
    ○代替要員向けに介護職員初任者研修等の必要な研修の実施【基金】

    ⇒●研修受講中の代替要員を認証事業所に優先派遣、自ら処遇改善を行う事業所へ誘導し、定着を支援。
    (離職率は4%台と府平均15.6%を大きく下回る結果)

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○きょうと福祉人材育成認証制度において、OJT指導者やプリセプターの設置、研修の実施を認証の基準とし、事業者への研修等を通じて支援

    ⇒●認証事業者の増加を通じて、福祉業界全体のボトムアップ

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○環境改善等促進事業(人にやさしい介護支援機器プロジェクト事業)の実施【基金】
    ※事業所に「介護職場環境改善アドバイザーチーム」を派遣

    ⇒●多角的・中立的な視点から、職員の負担軽減等、効果的な職場環境の改善

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○宣言事業所への支援として、給与制度や労務管理に関するコンサルティングを実施
    ○各認証事業所の状況に応じた職員向け処遇改善・スキルアップ等につながる事業の実施支援
    ※研修・セミナーの実施、職場環境改善コンサルティング、資格取得支援等

    ⇒●職員の早期離職防止、定着率アップ

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

以下にあてはまるなら、今すぐ転職!

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
介護士転職詳細比較

ケアマネージャーのお仕事をお探しですか?

ケアマネージャーのお仕事をお探しですか。

ケアマネージャーは何だろうと思う人がいるかもしれませんが、正式には介護支援専門員といって、居宅介護支援事業所などで多く働いています。

自宅に介護が必要なご老人がいるご家庭なら、利用したことがあるかもしれません。

特に、ケアマネージャーは、利用者と直に接する仕事だから、コミュニケーション能力も必要です。

精神的・肉体的にきつい仕事ですが、遣り甲斐がある仕事です。

試験以外にも、経験が必要です。だれでも取得できる資格ではありません。経験と知識が必要です。

ケアマネージャーの求人を探すなら、都道府県別の施設で探すのが効率的です。

とかく、ハードな勤務のイメージが強いケアマネージャーの仕事ですが、都道府県別の施設の求人で検索すると、土日休みや、残業がほとんどない施設の求人がヒットします。

対利用者と接する仕事だから、100%残業がない仕事ではないけれど、働きやすい職場がきっと見つかるはずです。

介護士転職詳細

未経験OKの介護職とは?

未経験だけど介護職員として働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ