介護士転職詳細情報

高知県 介護の取り組み

  • 高知県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○県内でいきいきと働く介護職員等を紹介する冊子を作成し、県内の全中高生及び全教員、学校、各種関係機関、量販店等へ配布することで、介護の仕事の魅力や楽しさを発信【基金】

    ⇒●養成校進学者の増、学校や地域で開催される介護職員初任者研修受講者の増

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○高校生と保護者、進路指導担当教員向けのガイドブックを作成し、介護の仕事への正しい理解促進を図る【基金】
    〇学校訪問等による学生や教員への介護の仕事の普及啓発(養成校への補助、人材センターへの委託)【基金 】

    ⇒●養成校進学者の増、学校や地域で開催される介護職員初任者研修受講者の増

    その他の「参入促進」の取組

    ○福祉・介護事業所が集まる「ふくし就職フェア」を開催し、新規就業者(復職者)の就職を支援
    ○マッチングノウハウに長けた民間人材の活用による人材センター機能の向上【基金】
    ○人材確保が困難な中山間地域における就職面接(相談)会の開催【基金】
    〇小、中、高校生を対象としたキャリア教育の実施【基金】
    ○福祉の職場を体験することで、不安の解消と職場の状況を理解していただく「職場体験」を実施【基金】
    ○介護の日の啓発事業を実施し、介護の仕事に対する理解を深めてもらう機会を設ける【基金】
    ○介護福祉士等資格取得者のうち、就職していない方へ働きかけ、就業(復職含む)を支援
    ○福祉職場の採用状況等調査を実施し、事業者の状況を把握することで、求職者へのアドバイスに活用

    ⇒●ふくし就職フェア参加者のうち30人以上が就職する。
    ●民間のノウハウを吸収した人材センター職員がマッチングスキルを向上させ、就職人数の増加とともに求職者、求人者から認知される。
    ●中山間就職面接会を6ヵ所以上で開催し、参加者のうち25名以上が就職する。
    ●キャリア教育を県内12ヵ所以上の小、中、高校で開催し、介護の仕事について正しい理解促進を図る。
    ●職場体験者のうち25名以上が就職する。

    介護士転職詳細を確認

    資格取得支援策の抜本強化による人材の確保とサービスの質の向上

    現状

    ●2025年には、約900人の介護人材が不足する見込み。
    ●高校卒業後、介護職場に就職した県内就職者は景気の回復とともに逓減傾向。
    (H25 県内就職高校生655人のうち55人:8%)
    (H26 〃 702人のうち43人:6%)
    ●資格取得に係る経済的な負担及び研修が長期間に及ぶことによる施設側と本人の負担が重い。
    ●介護福祉士受験資格の見直しにより、実務経験3年に加えて、「実務者研修」が新たに義務付け。

    課題

    ●高校生及び中山間地域等の住民が、介護職員初任者研修を受講する機会の拡大
    ●介護福祉士国家試験受験者の安定確保に向けた支援策の強化
    ●介護福祉士国家試験における実務者研修の義務化による経済的な負担の軽減

    今後の取り組み

    介護職員初任者研修を受講する場の拡大

    高校生就職支援事業委託料
    高校卒業時の職業選択やUターンの際に有利となる介護資格の取得を支援することにより、福祉・介護分野への新たな人材の参入を促す。
    ○H26(5校44名修了)
    →H28(8校124名の受講体制:うち教委継続分3校39名)
    ○追加実施校等(須崎高校、高知南高校、少数校対応)

    中山間地域等ホームヘルパー養成事業費補助金
    高校を除く県指定の事業所による初任者研修が実施されていない市町村が、住民を対象に実施する初任者研修への補助制度の拡充。
    ○人手不足感がより強い中山間地域等における介護人材の確保対策の強化
    (補助対象市町村:研修の実施会場から車で概ね1h以上の11市町村→25市町村)

    介護福祉士の資格取得方法の見直しへの対応

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業の拡充(高知県社会福祉協議会の基金事業)
    (1)介護福祉士等修学資金貸付事業費補助金
    介護福祉士等修学資金の貸付者(40人:新規入学定員:120人)に、国家試験受験対策に係る費用(年間4万円)を加算して支援することにより、県内の介護現場における中核的な役割を担う質の高い人材の養成を推進する。
    (2)平成28年度から施行される介護福祉士資格取得方法の一元化に伴って、実務者研修(6ヵ月以上・450時間)の受講が義務付けられる介護職員の経済的な負担を軽減する。
    ○修学資金の貸付対象者の拡充

転職支援サービスを使えば理想の転職が現実に!

    ◆介護のお仕事は慢性的な人手不足で、売り手市場です!
    ◆以下にあてはまるなら、転職支援サービスを利用してみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 研修制度の充実した施設に転職したい。
  • 介護士としてもっとキャリアアップしたい。
  • 資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。
  • 将来も長く働ける安定した会社に転職したい。
  • 夜勤手当など手当の充実した会社に転職したい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。
  • 自宅に近いエリアで働きたい。
  • 託児所つきの職場で安心して働きたい。
  • 新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。
  • これまでの経験を介護の仕事に活かしたい。
  • ・・・などなど。

    【対象】・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)・老健(介護老人保健施設)・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス) など

    ※介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、機能訓練指導員、看護師、送迎ドライバー、介護事務、医療事務、管理栄養士、家事代行スタッフなどの職種の求人募集があります。

介護士転職詳細比較

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護士転職詳細

無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ