介護士転職詳細情報

鹿児島県 介護の取り組み

  • 鹿児島県の具体的な介護取組内容(参入促進)

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○遠隔地等の小・中学校,高校,専門学校を訪問して福祉体験教室を開催【基金】
    ○一般県民を対象とした介護施設の体験ツアーを実施し,施設の紹介や介護の仕事について説明するほか,介護体験により利用者とふれあう機会を提供【基金】
    ○養成施設・事業所・職能団体の3者が連携して県民向けのイベント等を開催し,介護の仕事の魅力・情報を発信【基金】

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○小中高校生と,介護事業所の職員及び養成施設の学生との相互訪問を実施し,トークセッションや介護体験を通じて介護職への理解を促進【基金】
    ○大学生等に介護施設におけるボランティア活動の体験機会を提供【基金】

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○ふれあい・いきいきサロンに専門家を派遣し,高齢者に介護の基礎的な知識・技術を提供することにより,在宅介護及び地域貢献活動の取組を支援【基金】
    ○地域住民に介護施設におけるボランティア活動の体験機会を提供【基金】

    その他の「参入促進」の取組

    ○資格を有していない介護職員の定着を支援するため,介護サービス事業所に対して,介護資格(介護職員初任者研修課程)を取得するための経費を助成【基金】
    ○福祉人材センターにキャリア支援専門員を配置し,求職者と事業所とをマッチング
    ○就職ガイダンス,就活応援セミナー,就職面談会等の開催

    ⇒●介護職員の定着促進 200人
    ●マッチングによる採用 200人
    ●ガイダンス参加者 220人
    ●就職面接会参加者 300人

    介護士転職詳細を確認

    鹿児島県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○介護職員等がたんの吸引等を適切に行うための研修指導者を養成する研修の実施【基金】
    ○介護現場における中堅職員等を対象とした新人職員への指導方法等も含めたスキルアップ研修の実施【基金】
    ○介護福祉士資格取得後の経験年数別に各種研修を実施【基金】
    ○地域における認知症サポート医等の連携強化を図るための認知症サポート医に対するフォローアップ研修の実施【基金】
    ○市町村が設置する認知症初期集中支援チームのチーム員研修及び認知症地域支援推進員の研修受講費用の支援【基金】

    ⇒●たん吸引研修指導者の養成 200人
    ●研修受講者 210人
    ●研修受講者(5種) 295人
    ●認知症サポート医フォローアップ研修修了者80人
    ●認知症支援推進員の養成 18人

    その他の「資質の向上」の取組

    ○認知症高齢者等の権利擁護を推進するため,市民後見人等の育成及び活用に向けた取組を進める市町村に助成【基金】

あなたが求めるやりがい・働きがいとは?

一口に「やりがい・働き甲斐」と言っても、その内容は人それぞれです。

  • 自分の能力を発揮できて、かつそれに見合うお給料をいただけること。
  • お給料は平均的にあればいいが、経験が積めること
  • 職場の雰囲気がよく、連携が取れているので自分のモチベーションもあがること

あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。また、あなたの能力も発揮しにくくなります。

就職・転職をする際にあなたがどんなことに喜びを感じるか、自分がやりがいを感じるときはどんな時かをまず考えてみましょう。


あなたが見たことのない、お給料のいい介護施設の求人があるかもしれません。


介護士転職詳細比較

ホームヘルパーの求人

介護福祉士まで持っていなくても、今介護の世界は人材不足です。

ホームヘルパー(介護職員初任者研修修了者)だけでも持っていると、ある程度の知識があるため重宝されます。

都道府県によって違いはあるとは思いますが、「ホームヘルパー求人 施設」または「ホームヘルパー求人 都道府県」と入力して検索すると、施設内入浴介助専門職員や食事介助、移乗・移動介助という形であったり、施設内介護職員という形で募集しているところが沢山あります。

また、介護施設勤務が3年経てば介護福祉士の国家試験を受けることが可能です。

施設は今現在資格がなくても勤務は可能です。

ただ、ヘルパーの資格があるとある程度の知識、福祉用具の使い方が理解でき、利用者様に正しく使い方を説明できるため、ヘルパーの資格がある方が受け入れられやすいです。

就職難と言われる時代でも、高齢者は増える一方なので「ホームヘルパー求人 都道府県」と入力して検索すると、沢山の求人に当たります。

介護士転職詳細

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ