介護士転職詳細情報

岩手県 介護の取り組み

  • 岩手県における福祉・介護人材の確保育成について

    介護の背景と課題

    福祉を取り巻く社会情勢の変化
    少子・高齢社会の進展等により、岩手県民の福祉サービスに対する需要の増大・多様化が見込まれ、福祉人材の確保と福祉・介護サービス従事者の資質向上が求められている。
    また、行政においては、多様なニーズを背景とする社会福祉制度の改正への対応や、複雑化・高度化する相談援助業務への対応が求められている。

    岩手県における福祉・介護人材の確保育成に関する現状・課題
    1.社会福祉施設等においては、施設サービスや在宅サービスの拡大によるサービス量が増加傾向にあるのに対し、充実したサービスを提供するための新規の人材確保が困難な状況になっている。
    また、従事者の定着や離職防止を図るための職場環境の改善等が求められている。
    2.人材の定着及び資質向上を図るため、職員一人ひとりがキャリアアップを通じた自己実現が可能となる「やりがいのある職場づくり」に取り組む必要がある。
    3.岩手県は、研修等訓練を通じて、福祉行政に携わる職員の資質向上を図ることが社会福祉法に義務付けられており、多様化・複雑化する福祉ニーズに対応できるよう、より充実した研修を行う必要がある。

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護施設の種類や保有資格をチェック

介護のお仕事は、施設の種類や保有資格ごとに内容は異なります。

介護の現場には色々な職種がありますが「名前は知っているけど、実のところ何をしているのか分からない。」と思ったことはありませんか?

勤務中は自分の業務に一生懸命で、なかなか他の人の仕事には目を向けにくいもの。とはいえ、協働するうえでは互いの仕事を知ることはとても大切ですし、もう1度、職種別の主業務について見直しをしてみましょう。

もちろんあなた自身のキャリアビジョンを考えるときにも、転職活動にも見逃せないポイントです!

介護施設への転職を検討されているのであれば、それぞれの特徴を理解した上で、ご希望の施設や職種に転職しましょう。

介護士転職詳細比較

ホームヘルパーの求人

ホームヘルパーとは今、日本全国で年々需要が伸びて来ている介護に関係するお仕事です。

ホームヘルパーの求人は無料仕事情報誌や、インターネット上にあるお仕事情報サイトから簡単に探すことができ、お仕事情報を見ると、今お住まいの都道府県から必ずと言っていいほど募集されているのが目に付きます。

都市近郊はもちろん、閑静な住宅街などでも幅広い場所でのお仕事が可能で、ご自宅へ向かい、料理や洗濯などを代行するお仕事のほかに、特別養護施設や老人保健施設といった生活を行う施設に出向き、ご入居されている方のお世話をするお仕事もあります。

ホームヘルパー求人は利用者様どうし、カラオケやホームゲームなどを通して交流を目的に通われるデイサービスセンターや、小規模多機能といった生活基本動作のリハビリに重点を置いた施設、入居されているご利用者様が料理や洗濯を協力して日々の生活を送るグループホームなどジャンルは多岐にわたります。

全国都道府県で幅広く募集があるので気軽に応募できる所がホームヘルパーの求人の強みです。

介護士転職詳細

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ