介護士転職詳細情報

兵庫県 介護の取り組み

  • 兵庫県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護の日を中心とした職能団体による福祉・介護の仕事の魅力を発信する啓発事業を支援【基金】
    ○ソーシャルメディアによる若者への情報発信、プロモーションビデオの作成【基金】
    ○介護業務のイメージアップ等に資する事業を実施(DVD・パンフレット配布、就職フェア開催)

    ⇒●啓発事業 実施団体 10団体

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○養成校が高校等へ出向き、福祉・介護の仕事の魅力をPRする経費を補助【基金】
    ○高校生、大学生等を対象にした職場体験を実施【基金】
    ○高校生、大学生及びその親を対象にした施設見学バスツアーを実施【基金】

    ⇒●学校訪問 180校
    ●職場体験 250人
    ●バスツアー 300人

    その他の「参入促進」の取組

    ○人材確保・定着が困難な地域(但馬・丹波・淡路)対象の就職フェアを開催【基金】

    ⇒●就職フェア 1回(神戸市)

    介護士転職詳細を確認

    兵庫県老人福祉計画

    国の高齢化は、世界でも類を見ないペースで進行しています。介護保険制度が施行された平成 12 (2000)年、約 38 万人だった 75 歳以上の後期高齢者人口は、「団塊の世代」がすべて後期高齢者となる平成 37 (2025)年には、約 97 万人になることが見込まれています。

    今後も、都市部を中心に後期高齢者が急増し、単身や夫婦だけの高齢者世帯の増加はさらに進行することが予想されます。地域社会や家族関係が大きく変容するなか、介護保険制度がめざす「高齢者の尊厳の保持」や「自立支援」をいかに実現していくかが重要な課題です。

    こうした状況を踏まえて、平成27~29年を計画期間とする「兵庫県老人福祉計画(第 6 期介護保険事業支援計画)」を策定しました。めざすべきは、高齢者が住み慣れた地域で安心して自分らしい生活を送ることができる社会です。そのために必要な医療、介護、予防、住まい、生活支援を日常生活圏域で総合的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を推進します。

    その実現に向け、次の4つの目標を掲げました。

    第1は、「システム」。医療、介護、予防、住まい、生活支援が地域を単位として提供される仕組み作りです。

    第2は、「自立」。高齢者の持てる能力を生かし、自立を促す介護の提供です。

    第3は、「連帯」。地域住民・組織、NPO、介護事業者等、地域全体で支え合う社会の構築です。

    第4は、「安心」。高齢者が安心して暮らせる地域で、介護への不安無く生活できるサービス、ケアの確立です。

    また具体的な取組として、在宅・施設両サービスのバランスのとれた介護基盤の計画的整備、認知症の予防・医療・地域連携などの総合対策、増加する福祉・介護ニーズに対応するための介護人材の確保などを掲げました。

    今後、この計画に基づき、県民、関係機関・団体、事業者、行政が連携しながら、地域包括ケアシステム構築に向けた新たなスタートを切ります。

介護施設の転職で給与アップ

今、介護の職場を取り巻く状況はものすごいスピードで変化しています。次の転職活動の時には知っておいた方がいいこともいくつかあります。

「給与アップ」「待遇改善」について、まとめてみました。

介護職場の転職で給与アップ

「介護職員処遇改善加算」という取り組みをご存じですか?

国では、介護職員を増やすべく、介護職員の賃金や研修制度を充実させている事業者を金銭的に優遇する制度をつくっています。2015年4月から、その制度が改定され、これまでよりもさらに手厚い支援が実現しました。

この改定を受けて、介護業界の大手企業は軒並み賃上げを決めています。
職員数の多い大手企業が給与をアップすることで、業界全体での給料アップにつながる可能性もあります。
働く方としては嬉しいニュースですね。

あなたの給与や待遇に直結する大切なお話です!

一体どういうことなのか、詳しくみていきましょう。

介護職員の「待遇改善」を進める事業者を、国が後押し!

介護保険制度では、事業者に支払う介護報酬の額を国が決めています。

「介護職員処遇改善加算」は、その報酬額を決めるにあたって、「介護職員の待遇を改善する事業者には金額を上乗せしてあげよう」というものです。
事業者の届けを受けて、国が定めている基準に従って本当に待遇を改善しているかを確かめます。
条件をクリアしていれば介護報酬が多く支払われます。
その上乗せ分を使って、介護職員の給料を増額してくださいということです。

では、事業者が介護報酬を上乗せしてもらうためにクリアすべき条件は、「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のふたつ。

ひとつめの「キャリアパス要件」は、以下の2種類に分けられます。
(1)職員がキャリアアップすることで、よりよい条件のもと、よりやりがいのある仕事ができること
(2)職員がキャリアアップしていくために、事業者がバックアップ体制を設けること

続いての条件は「職場環境等要件」。
これはいくつかの処遇改善の取り組みのなかで、これまでに実施したものについて、全職員に知らせていることが条件になります。

たとえば、処遇改善の取り組みには、こんなものがあります。
●非正規職員から正規職員への転換
●腰痛対策などの負担軽減を目的にした介護ロボットやリフト等の導入
●子育てとの両立を目指す人のための育児休業制度などの充実
●事故・トラブル等への対応マニュアル等の作成   etc.
これらの「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のいくつか、あるいはすべてを満たせば、その達成度合いに応じて、介護報酬が加算されます。

これが「介護職員処遇改善加算」です。

介護士転職詳細比較

介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

介護士転職詳細

未経験OKの介護職求人募集状況

未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

次の項目では、どんな職場で働くことができるのか、どんなお仕事なのかを確認していきましょう。
あなたのお住いの近くにも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ