介護士転職詳細情報

愛媛県 介護の取り組み

  • 愛媛県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○介護支援専門員の指導者検討会、地域リーダー養成研修を実施 【基金】
    ○介護職員等を対象に、喀痰吸引の研修を実施 【基金】
    ○認知症高齢者の適切なケアに必要な知識・技能習得のための研修を実施 【基金】
    ○介護職員の口腔ケアに対する資質向上を図るため、医師等による研修を実施 【基金】
    ○介護現場で必要な知識・技術習得のための研修会を実施 【基金】
    ○新人介護職員や復職を目指す女性等の研修受講費の一部を支援 【基金】

    ⇒●ケアマネ研修対象 指導者 45人、リーダー 90人
    ●喀痰吸引研修対象 100人
    ●認知症サポート医 5人養成(研修 780人参加)
    ●各種知識・技術の習得

    その他の「資質の向上」の取組

    ○ 新しい総合事業の実施に向け、地域支援センターの機能強化を図る研修の実施【基金】
    ○ 地域包括ケアを担う人材育成プログラムを開発し、人材育成に活用【基金】
    ○ 成年後見制度・市民後見人制度の周知・啓発、市民後見人の育成 【基金】

    ⇒●研修対象 約100人

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    行政、関係機関・団体等で構成する事業連携強化会議(協議会)を設置

    【今後】
    導入の是非、及び方法について検討

    介護士転職詳細を確認

    介護支援専門員のキャリアアップ研修の支援

    介護保険制度の要として重要な役割を担う介護支援専門員(ケアマネジャー)については、その養成を行うとともに、各種の研修を通じた資質の向上に努めています。
    本県では、平成25年度末までに、約9,000人の介護支援専門員が誕生しています。
    介護支援専門員は介護保険の理念を実現するに当たり中心となる資格であり、利用者の立場に立って、その生活全般に寄り添って支援を行う役割を果たしてきており、制度創設から10年以上が経過した現在、住民の間にも定着し、要介護者等にとって欠かせない存在となっています。
    また、「地域包括ケアシステム」の実現に向けて、医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスが、有機的・包括的に機能していくための橋渡しをするケアマネジメントへの期待は大きいものがあります。

    介護支援専門員に対する支援体制

    介護支援専門員の資質の向上を図ることは、高齢者に対して適切なサービスを提供するうえで非常に重要であり、質の高い介護支援専門員の養成及び現に介護支援専門員として活動している者等に対する十分な研修の機会が確保されるよう、県は、研修の実施体制の充実を図る等、適切な支援体制の構築に努めます。
    また、県が実施する研修以外に、民間事業者等が、介護支援専門員の資質の向上を目的として、独自に実施している研修等を支援することも必要です。

    研修実施体制の充実

    地域包括ケアシステムの構築においては、多職種協働による介護サービスの提供、医療との連携推進、地域の支え合いやインフォーマルサービスの充実などを包括的に進めていくことが重要です。
    その際、介護支援専門員による質の高いケアマネジメントが利用者に提供されることが欠かせません。
    ケアマネジメントの質の向上のため、介護支援専門員の研修制度が見直され、平成28年度から新カリキュラムによる研修が実施されます。
    養成段階で行われる実務研修や、現任者を対象とした専門研修等の開催に当たっては、研修事業者、講師等との連携を図りながら、体系的・効果的に実施します。
    また、各地域における地域包括ケアシステムの実現に向け、その担い手となる人材を養成するため、主任介護支援専門員を対象としたスキルアップ研修を実施します。

    施設等ケアプランの質の向上に向けた支援の充実

    介護保険施設等におけるサービスの質の向上には、入所者一人ひとりの課題を分析し、その結果を踏まえた施設サービス計画等を作成して適切なサービスを提供することが重要です。
    特に食や排泄のケア、口腔ケア、認知症ケアなどについて、各施設で主体的に取り組んでいけるよう支援します。

    保険者機能の強化等による介護支援専門員の支援

    介護支援専門員の資質の向上を図るとともに、ケアマネジメントの質の向上を図るため、保険者における「ケアプラン点検支援マニュアル」を活用した、ケアマネジメント等の適正化に向けた積極的な取組みを支援します。
    また、保険者である市町等が実施する地域ケア会議において、多職種が協働して高齢者に対する支援内容を検討することによって、介護支援専門員が自立支援に資するケアマネジメントの実践力を高められるよう体制整備に努めます。

    医療と介護の連携

    医療との連携に当たっては、医療に関する知識が求められますが、いわゆる福祉関係職種の基礎資格を持つ介護支援専門員が増えていることも、医療との連携が十分でない要因のひとつと考えられます。
    そこで、医療との連携に当たって必要となる知識については、介護支援専門員に係る種々の研修において医療に関する内容を充実させるよう体制整備に努めます。
    また、介護支援専門員が医療関係職種と連携しやすい環境整備が重要であるため、医療関係職種と介護支援専門員等とのワークショップや事例検討の勉強会を通じ、各職種間の共通理解を進めていくなどの取組みを進めます。

転職支援サービスの賢い利用法

    「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

  • あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!
  • 個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!
  • 好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!
  • 「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!
  • その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!
  • 採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!
  • 仕事をしながら効率的に転職活動ができる!
  • 最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!
  • 完全無料なので安心安全!


  • 転職サービスの賢い利用法のコツは、最低でも2社の転職支援サービスに登録しておくことです。
    条件のいい非公開求人は1社の転職サービスが独占していることもあるからです。

    転職支援サービスを使って、希望どおりの転職を実現しましょう!

介護士転職詳細比較

サービス提供責任者の勤務先

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護士転職詳細

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ