介護士転職詳細情報

秋田県 介護の取り組み

  • 秋田県介護計画策定の趣旨

    ●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
    平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
    (高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
    また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
    ●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
    ● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。

    介護士転職詳細を確認

    居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

    訪問系

    ●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
    ●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

    通所系

    ● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

    入所系

    ● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
    ● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

    福祉用具

    ● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
    また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

    居宅介護支援

    ● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

    地域密着型サービス

    ● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
    ● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
    ● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
    ● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
    ● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

    施設サービスの指定状況

    ● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
    また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。

以下にあてはまるなら、今すぐ転職!

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
介護士転職詳細比較

介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

介護士転職詳細

こんな時は無料サポートがオススメ

  • 未経験だけど介護の仕事を始めたい
  • 初心者だけど希望どおりの転職がしたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 少しでも給与アップを狙いたい
  • 休日や定時後にしっかりプライベートな時間を確保したい
  • 今の職場を円満退職できるかどうか心配

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士転職詳細地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ