介護士転職詳細情報

秋田県 介護の取り組み

  • 介護サービスの利用状況

    介護サービス利用者数の推移
    ● 介護サービスの利用者数は毎年増加しており、平成12年と比較し約2.2倍となっています。
    ● 居宅サービスの利用者数は、平成12年度から26,335人、施設サービスは2,369人が増加しています。また、地域密着サービスは、創設された平成18年度から2,623人増加しています。
    ● 増加の要因としては、介護保険制度が県民の間に浸透し、サービス利用への抵抗感が少なくなったことや、短期入所サービスなどのサービス提供体制の整備が進んでいることが要因と考えられます。

    介護士転職詳細を確認

    居宅サービス・地域密着型サービスの利用状況

    訪問系

    ●訪問介護の利用は、計画を10%ほど上回り増加傾向にあります。
    ●訪問入浴介護については、短期入所事業や通所介護の利用の増加に伴い利用者が減少したものと思われます。

    通所系

    ● 通所介護・通所リハビリテーションの利用は計画に近い実績となっています。

    入所系

    ● 短期入所生活介護・短期入所療養介護の利用は、計画を20%上回りました。
    ● 短期入所サービスの整備が進んだことなどを背景に、介護者が一時的に休息をとるための利用や、入所施設の待機者が入所が決定するまでの間の利用が増えたことなどが、増加した要因として考えられます。

    福祉用具

    ● 福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、ほぼ計画どおりの利用実績となっています。
    また、介護予防福祉用具貸与は計画を上回っています。

    居宅介護支援

    ● 居宅介護支援、介護予防支援の利用者は、ほぼ計画どおりに推移しています。

    地域密着型サービス

    ● 定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、平成24年度、25年度の実績はありませんが、平成26年度に3箇所開設されています。
    ● 夜間対応型訪問介護は、現在、県内には事業所がありません。夜間の訪問介護が必要な方へは、24時間対応の訪問介護事業所が対応しているものと考えられます。
    ● 小規模多機能型居宅介護は計画を上回る実績となっています。
    ● 認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護は、計画を若干下回り推移しています。
    ● 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)は2箇所開設されていますが、計画には達していません。

    施設サービスの指定状況

    ● 介護保険施設については、広域的な観点に留意し、圏域別の需要動向を勘案しながら、計画的な整備を促進しました。
    また、居宅サービスや地域との連携を図りながら、専門的な介護機能を活かし、地域の保健福祉サービスの拠点施設として利用されています。

介護士・ヘルパーなどの資格を活かせるか不安?

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。
介護の保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう。

◇ヘルパー(介護職員初任者研修課程修了)
◇実務者研修
◇ケアマネジャー
◇介護事務
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格を最大限生かす働きかたを教えてくれるのは、転職を支援している介護求人検索サイトです。

その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を検討して、納得のいくお仕事探しができます。

もし、インターネットを使って求人情報を探すのが苦手という方であれば、電話にてご相談いただくことで、スタッフが ご希望に沿った求人を探すといったサービスも提供しております。
なおご案内した機能、サービスの利用は完全無料となっております。

このように、どなたでも安心してご利用いただけますので、介護業界での転職をお考えであれば、是非介護求人サイトご登録ください。

介護士転職詳細比較

ケアマネージャーのお仕事をお探しですか?

ケアマネージャーのお仕事をお探しですか。

ケアマネージャーは何だろうと思う人がいるかもしれませんが、正式には介護支援専門員といって、居宅介護支援事業所などで多く働いています。

自宅に介護が必要なご老人がいるご家庭なら、利用したことがあるかもしれません。

特に、ケアマネージャーは、利用者と直に接する仕事だから、コミュニケーション能力も必要です。

精神的・肉体的にきつい仕事ですが、遣り甲斐がある仕事です。

試験以外にも、経験が必要です。だれでも取得できる資格ではありません。経験と知識が必要です。

ケアマネージャーの求人を探すなら、都道府県別の施設で探すのが効率的です。

とかく、ハードな勤務のイメージが強いケアマネージャーの仕事ですが、都道府県別の施設の求人で検索すると、土日休みや、残業がほとんどない施設の求人がヒットします。

対利用者と接する仕事だから、100%残業がない仕事ではないけれど、働きやすい職場がきっと見つかるはずです。

介護士転職詳細

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

    転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

    ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

    初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

    【担当エージェントについて】
    担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
    一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
    なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

    面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
    いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
    何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

    就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
    どうかこれからもよろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました。

    ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

    他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

    【担当エージェントについて】
    私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
    紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
    希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

    働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
    本当にありがとうございました。
    もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

    ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

    今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
    あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
    自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

    【担当エージェントについて】
    介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
    大変なお仕事ですね。
    担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。


    介護士転職詳細地域別情報

    他の介護施設を見る!

  • このページの先頭へ